法人概要

理念

  
ひとりぼっちの障害者をなくそう

障害者とその家族の願いに応える

願いに応える事業を家族・関係者・地域と共同の力で実現する

発達保障の理論に基づき「仲間が主人公」の実践を展開する。
 

法人概要

法人名
 社会福祉法人 きぬがさ福祉会
所在地
 〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦細江9019
電話番号
 0748-46-2646
FAX番号
 0748-46-5560
代表者
 理事長  田中 健二
設立年月日
 1994年8月
業務内容
 障害のある人が、地域で働き、暮らしていけるよう支援しています。
 ・生活介護事業
 ・就労継続支援B型事業
 ・社会的事業所
 ・共同生活援助事業
 ・日中一時支援事業
運営施設
 ・きぬがさ作業所(生活介護)TEL.0748-46-2646
 ・障害者支援事業所いきいき(生活介護・日中一時支援)TEL.0748-36-7422
 ・おうみや(就労継続B型)TEL.0748-36-3970
 ・社会的事業所ゆう TEL.0748-32-0245
 ・グループホームはなみずき(共同生活援助)TEL.0748-46-7062
 ・グループホームコスモス(共同生活援助)
 ・グループホーム五個荘(共同生活援助)
 ・能登川ホーム(共同生活援助)
 ・グループホームペガサス(共同生活援助)
 ・計画相談事業所きぬがさ(計画相談)
従業員数
 82人
利用者数
 96人(H25.4現在)
開所当時のきぬがさ共同作業所(旧安土町役場を借りて)
 きぬがさ福祉会は、1982年(昭和57年)に知的障害のある人たち6名と職員1名でスタートしました。当時は、入所施設や学校を出ても働く場、機会がなく、在宅を余儀なくされている障害のある人たちがたくさんいました。そんな当事者や関係者の「ひとりぼっちの障害者をなくしたい」「障害があってもこの街で働き、暮らしたい」という願いをもとに生まれたのが、前身となった「きぬがさ共同作業所」です。
 

沿革

1982年 5月
旧安土町役場を借りて「きぬがさ共同作業所」開所
1994年 8月社会福祉法人きぬがさ福祉会 法人格取得
1995年 7月「きぬがさ共同作業所」が知的通所授産施設「きぬがさ作業所」へ移行
1998年 4月高賃金をめざして小規模作業所「こぶし事業所」開所
1998年10月法人で初めての生活の場「グループホームはなみずき」開所
2000年 4月創作軽作業型「ほっと共同作業所」開所
2002年 8月身体障害者通所授産施設「社会就労センターいきいき」開所
2001年 1月「こぶし事業所」が事業所型共同作業所「リサイクルせっけんゆう」へ移行
2003年 4月全国的に数少ない身体障害者療護施設通所A型「サンシャインいきいき」開所
2006年10月滋賀県独自の制度を利用し、「リサイクルせっけんゆう」が「社会的事業所ゆう」へ移行
2008年 2月
「ケアホームコスモス」開所
2008年 4月
「きぬがさ作業所」「ほっと共同作業所」が多機能型(生活介護・就労移行)「きぬがさ作業所」へ移行
「社会就労センターいきいき」「サンシャインいきいき」が多機能型(生活介護・就労移行)「障害者支援事業所いきいき」へ移行
「グループホームはなみずき」が「ケアホームはなみずき」へ移行                   ※現在、就労移行支援事業は廃止
2010年 4月就労継続支援B型「おうみや」開所
2010年 4月「ケアホーム五個荘」開所
2013年 3月「能登川ホーム」開所
2014年 4月
「ケアホーム」が「グループホーム」へ移行
「障害者支援事業所いきいき」が日中一時支援事業を開始
2015年 4月
「相談支援事業所きぬがさ」計画相談事業開始
2016年11月
「グループホームペガサス」開所

役員紹介

新評議員 理事・監事等紹介

交通アクセス

住  所:〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦細江9019
アクセス:●JR安土駅 徒歩約15分 

▼お気軽にお問い合わせください

お気軽にお問い合わせください。
0748-46-2646
お問い合わせはこちら
社会福祉法人 きぬがさ福祉会
〒521-1311
滋賀県近江八幡市安土町
下豊浦細江9019
TEL:0748-46-2646
FAX:0748-46-5560
------------------------------
・きぬがさ作業所
・障害者支援事業所いきいき
・おうみや
・社会的事業所ゆう
・グループホーム
------------------------------