本文へ移動

きぬがさ作業所

きぬがさ作業所

大好きなこの街で暮らしたい
 
きぬがさ作業所は、1982年に入所施設や学校を出てからの「働く場」が欲しいという願いから生まれました。現在、35名の利用者が毎日元気に働いています。
障害があっても「仲間と一緒に働きたい」「大好きなこの街で暮らしたい」という願いのもとに5つの作業班で活動を進めています。
地域とのつながりも大切にし、無認可作業所のころから、毎週地域に資源回収に出かけています。「ご苦労様」「ありがとう」の言葉に元気をいただいています。

事業所概要

事業所名
きぬがさ作業所
所在地〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦細江9019
連絡先
TEL0748-46-2646  FAX0748-46-5560
事業内容
 生活介護事業 作業は、陶芸・さをり織り・かみすき・資源回収・安土駅の清掃メンテなど行っています。他にも、クラブ活動、旅行や自治会活動などの取組みも行っています。
開所時間
 月~金曜日 9:00~16:00
 日曜日(月1回)9:00~13:00:行事等により変更有り
定員30名

陶芸班

 陶芸班は、音楽が大好きな利用者が多く気分転換したい時間には、いろんな音楽を聞きながら仕事を行っています。陶芸以外にも、クッション材の梱包や資源回収、安土駅メンテナンス等多くの仕事を担っています。
 陶芸商品は信楽の粘土を使ってのお皿やお茶碗、コップ、花瓶、オブジェ等を作っています。なかでも、お皿は大人気で使いやすい!オシャレ!といった声を聞かせてもらっています。
 ガラス細工お花を取り入れた商品作りもしていて、きれいなストラップや髪留めなど、様々な小物商品も作っています。

ぽっかぽか班

 ぽっかぽか班は、お話が好きな利用者が多く、毎日にぎやかに仕事をおこなっています。
仕事は、主に牛乳パックを再生して紙漉をしています。牛乳パックめくりやパック切り、シュレッダー、紙漉など流れ作業をおこなっています。主な商品は、一筆箋、ポチ袋、メッセージカードなどで、手漉きならではの味わいがあります。
 また外での仕事として、安土駅清掃メンテナンスだけでなく、地域の高齢者への配食サービス、「日野の藤あられ」へあられを引き取りに行く仕事もおこなっています。

きらきら班

 きらきら班は、歌がすきな利用者が多く、時には音楽を聴きながらリラックスして仕事をおこなっています。
 仕事は、主にぽかぽか班がおこなう紙漉の準備として、牛乳パックめくりやシュレッダーかけをしています。また地域の高齢者への配食サービスや安土駅清掃メンテナンス、資源回収もしています。
ビーズ商品も作っています。主な商品としては、便せんセットやピアス、ブレスレットなどがあります。

スペース班(ひまわりグループ)

 手芸班は、さをり織りが大好きな利用者が所属しており、職人が多くいます。
 仕事は、主にさをり織りです。他にも、「おそうじぞうきん」を作ったり、「きょうされんふきん」の袋入れをしています。今年度から、安土駅の清掃メンテナンスも頑張っています。
 主な商品はポーチなどの小物入れやプチ敷物、おそうじぞうきんなどです。

スペース班(花咲グループ)

 スペース班は、歌が好きな利用者が多くいます。週末には1週間の「まとめの取り組み」として外出やお菓子作りなどおこなっています。
 仕事は、さをり織りが中心です。また、安土駅清掃メンテナンスや、月1回の日曜日の資源回収など外作業にも積極的に取り組んでいます。
主な商品はエコバックや小物入れ、ストールなどです。

交通アクセス

●きぬがさ作業所
住  所:〒521-1311 滋賀県近江八幡市安土町下豊浦細江9019
アクセス:JR安土駅から徒歩15分
お気軽にお問い合わせください。
0748-46-2646
お問い合わせはこちら
社会福祉法人 きぬがさ福祉会
〒521-1311
滋賀県近江八幡市安土町
下豊浦細江9019
TEL:0748-46-2646
FAX:0748-46-5560
------------------------------
・きぬがさ作業所
・障害者支援事業所いきいき
・おうみや
・社会的事業所ゆう
・グループホーム
------------------------------
TOPへ戻る